アラウンド・ビューティー - 美は向上心が大切かな


by around

UVが原因で肌焼けが起きる肌のメカニズム

長期間、紫外線をあびていると日焼けしちゃうことは、たいていの方が理解してます。日に焼けてしまう原因となるUVというものは、一体どのようなものでしょうか。

UVというものは、太陽光線のひとつであり、種類をA波、B波紫外線・C波紫外線に区別することが可能なんです。ガラスみたいな光を通す物体では、UVa波を遮断する事は困難で、皮ふへ届きます。ガラス窓を挟んで陽光を浴びていたときや、自家用車で外出を行うときにも、UVA波というのは通り抜けるので陽焼けしちゃうのですよ。

一方で、紫外線光b波はオゾン層で防げるので、曇りの日は、雨の日は少なくなります。気候で照射している量が異なっている紫外線光の量というのは、此のUVB波なんです。

UVc波が日に焼けてしまう事に関わりはありません。何故なら、紫外線C波は雲を突破できない為なのです。

A波に関しては、ガラスを通過する事ができるため、皮ふの奥の真皮に届いてしまいますが、有毒度合でいうならB波程じゃないと言われているのです。

お肌の日焼けのことを考えるとしたら、室内で紫外線光を受ける為、常に対策を考える必要のあるUVなんです。肌の色が黒っぽくなる事だけは、陽焼けの作用ではじゃありません。シミや肌のくすみが増えてしまい、たるみや肌老化原因にもなるものです。

UVでサンバーンをするというのは、皮膚を守る為にメラニンを多くする、言えば防御策です。こんがり焼けてしまった元気そうな印象を人にあたえるのですが、美容という観点で考えるとお肌にとってはいいことじゃない訳ですから、日焼けの対策が大切なのです。