アラウンド・ビューティー - 美は向上心が大切かな


by around

UVが原因で陽焼けするメカニズム

長い時間、UVを受けていると日焼けしちゃう事は、たいていの人が分かってますね。日焼けしちゃう原因となる太陽光というものは、一体どんな物なんでしょう。

太陽光は、太陽光線の1つであり、種類をA波紫外線、B波紫外線、C波と3つに区別することが出来ます。ガラス窓のような透明なものでは、UVa波というものを防ぐことは難しく、皮ふへ到達します。硝子越しに太陽の光をあびていたときや、自動車で移動をする時でも、紫外線A波というのは受ける為色焼けしてしまうのです。

一方で、太陽光B波は雲で遮られますし、くもりの日は、雨降りの日減衰するのです。天気で照射している量が変わる紫外線光の量というのは、この紫外線B波です。

UVC波が日焼けしちゃう事に関わることはないのです。その理由は、UVC波はオゾン層を出られないからです。

A波に関しては、硝子を通ることが可能な為、お肌の奥深い部分の真皮まで届いてしまいますが、有毒性で言うならB波ほどではないといいます。

肌の日焼けしちゃう事を考えるのだったら、部屋でもUVをあびる為、常に対処法を実行する必要性のある紫外線光です。肌色が小麦色になってしまうことだけが、陽焼けの効果ではじゃないんです。シミやくすみが増えてしまうし、たるみや肌老化の元凶にもなってしまうものなんです。

太陽光で陽焼けをしてしまうというのは、肌を防ぐ為にメラニンの色素を増加する、防御策なのです。黒く焼けた健康なイメージを相手に与えますが、美容という点で見ると肌にとってはいいこととじゃない為、その対処が大切です。