アラウンド・ビューティー - 美は向上心が大切かな


by around

小じわや弛みは齢を重ねたことだけが原因ではないのです

膚のシワや緩みを気にしつつも、まだ先の話だし、年を取ってから考えればいいとエイジング対策を軽視している方々も多いのではないでしょうか。若いときから毎日欠かさずシワ対策をちゃんと行っていく事で、将来的なしみや弛み予防に繋がります。

年齢のほかにも、肌を衰えさせてしまう原因は想像以上にたくさんあります。忙しすぎる生活環境や、強い日の光の肌ダメージ、皮ふの乾燥、肌に合わないフェイスケア等です。齢を取ってしまうことは止めることはできませんが、日々のスキンケアと心掛けひとつでちりめんじわや緩みのない若若しいお膚をキープすることはだれにでも出来るのです。

1度刻まれたシワや緩みは、どのような要因でできたものなのかを理解することで、お手入れの内容が変わります。

眼元や、口元にできる小じわや、表情の変化によって皮ふに癖がついてしまった表情ジワ、皮ふの保水力が損なわれ重力に引かれたことで出来るようになったタルミなどもあります。

細かなしわが出来る所は、お肌の保水対策がとても効果的です。表情じわにおいては、出来やすいところに特に丁寧なケアを行うといいでしょう。水分保持機能があるヒアルロナン(hyaluronan)や、皮ふの艶を保つコラーゲン(Kollagen)etcは、年齢と伴に少なくなっていきますが、疲労や近紫外線の影響をダイレクトに受けやすい成分でもあります。

頤筋の動きが皮ふの弛みに係る時、フェイササイズが改善法として用いられます。ところが真皮の衰えは回復が難しいとされ、20代の時には潤沢にあった保湿力、ハリは失われてしまい、その結果として重力に引っ張られて皮膚が垂れてしまいます。

栄養バランスの悪い食事をしていたり、強い紫外線を外作業などで浴びる事がよくある方は、膚内部の弾性が弱まって垂れ下がり易くなるので早めの対策が必要です。

出かけるときには、季節を通して紫外線の予防を徹底し、ストレスを溜めない毎日を心がけることがシワや緩み予防になります。

目元の小じわや目の下のたるみにはアイキララ